発毛剤とか育毛剤とか、伸びる系の事など

育毛剤だけでなく予防も心がけよう

抜け毛や薄毛は遺伝だ! 親が薄いから自分も必ず薄くなるんだ! 薄くなったら育毛剤を使えばいいのだ! 薄毛が気になりだした時は育毛剤の使用をオススメしますが、 育毛剤に頼るばかりでなく 症状が出てくる前に予防することも大切です。 薄毛の原因は遺伝だけではありません。 普段の食生活や生活習慣も大きな原因であり、 少しの気遣いで薄毛は予防できると言うことも 考えておかなければなりません。 普段の食生活の管理はできていますか? 栄養はバランスよく摂取できていますか? 睡眠時間は充分確保できていますか? 車ばかりを利用し運動不足になっていませんか? 喫煙、過度のアルコール摂取と 薄毛を招く原因は私たちの普段の生活の中に ゴロゴロと転がっています。 またストレスも大きな原因となります。 ストレス社会の世の中、避けることはできないものでしょうが 上手く発散できれば問題はありません。 たくさんある薄毛の原因に今、直面しているのなら すぐにでも見直す必要があります。 生活を正しく行っていれば薄毛の予防になりますので、 今すぐ生活習慣を見直してみませんか?

育毛剤でかぶれるときは

抜け毛や薄毛の対処として まずは育毛剤を使用する場合が多いと思います。 それなのに使ってみると頭皮がかぶれてしまった 経験はありませんか? 育毛剤に含まれる成分の目的は、 血行をよくするもの、男性ホルモンを抑制させるもの、 毛母細胞を活性化させるもの、 皮脂分泌を抑制するものなどと、 要は育毛を重視した成分が配合されています。 頭皮を補修したり守る成分は 配合されていないものが多いため、 かぶれてしまう可能性は大いにあるといえます。 特に皮膚の弱い方やアレルギーをお持ちの方は、 少し注意したほうが良いでしょう。 育毛剤といっても様々な種類があります。 そして成分も様々です。 中には無添加の育毛剤もありますので、 育毛剤を選ぶ時は成分に注目してみましょう。 まずは自分に合った育毛剤を選択することが先決です。 肌がかゆくなったり赤く炎症を起こしたり、 フケが増えてきたなと感じた時は 直ちに使用を中止してください。 炎症がひどい場合は、専門医の治療を受け、 頭皮を正常な状態に戻してから 自分に合う育毛剤を探してみましょう。 合わない育毛剤は育毛効果も期待できません。 育毛剤選びは慎重に行いましょう。育毛剤のAtoZ

保湿で育毛剤効果アップ

お肌を想像してみてください。 乾燥した肌は硬くカサカサしています。 それは頭皮も同じことで、頭皮が乾燥していると 皮膚は硬くなりカサカサに。 痒みも出てフケが出てしまう場合もあります。 このような頭皮は抜け毛が増えてしまいます。 また育毛剤を使用しても乾燥して硬くなった頭皮には 上手く効果を現せません。 より育毛効果を出すためには 頭皮を保湿し柔らかくしてあげなければなりません。 頭皮を保湿する成分には、 ヒアルロン酸や海草エキス、アロエ抽出液、 オトギリソウエキス、キトフィルマー、キナエキス、 ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、 ピロリドンカルボン酸、オタネニンジンエキス、みかんエキス、 ユズエキス、アルテア抽出液、ワレモコウエキス 、 サンザシエキス、イチョウ葉エキス、昆布エキス、 BG、米ヌカエキス、ヒオウギエキス、ジオウエキス、 キナエキス、マツエキス、オドリコソウ花エキス、 スギナエキス、ヒバマタエキス、オオウメガサソウ葉エキス、 コメヌカスフィンゴ糖脂質など様々な成分があります。 これらの成分を有効活用し頭皮の状態をよくしながら 育毛効果を期待していきましょう。